エイズ・HIVウィルスの症状

エイズ(HIV)という病気

現在では、エイズ=死 ではなく、
HIVウィルスに感染してもエイズの発症を抑える薬が開発されています。
日本では、エイズの感染者数は確実に増えています。
感染源はセックス(性行為)以外でも血液、精液、膣分泌液、母乳など
多くの感染ルートがあります。
エイズ=死 ではなくなってきたとはいえ重篤な病気であることは確かです。
結婚をする前にエイズ検査を受けておく人も増えてきているようです。
エイズ検査は、自分の為のみならず、パートナーの為でもあります
勇気を出して受けておくことを強くお勧めします。
一度検査をして感染していない事を確認しておけば安心です。

エイズ(HIV)の恐怖

感染初期には、発熱、のどの痛み、だるさなどの
風邪の症状に近いものが出る場合がありますが、数週間でなくなり
その後は無症状の期間が約5年から10年ほど続きます。
この段階でエイズと気づかずに放置した場合HIVウィルスが増殖し、
免疫力が少しずつ低下し、最悪な場合エイズ=後天性免疫不全症候群が
発症し最悪な場合には死に至ります。

エイズ(HIV)の症状

【感染初期】
風邪のような症状、発熱、のどの痛み、だるさ、筋肉痛
といった症状。ただし、数週間でこの症状は消えます。

 

【無症状期】
治療をしない場合、個人差はありますが
約5年から10年程度は全く無症状の時期が続きます

 

【エイズ発症期】
免疫力が低下し、理由のない急激な体重減少がおきます。
細菌、ウィルスなどの日和見(ひよりみ)感染症、悪性腫瘍、神経障害などを
引き起こします。

 


【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

エイズ(HIV)の感染経路

エイズは、セックス(性行為)、オーラルセックス(フェラチオ)、
アナルセックスなどでも感染します。
HIVウィルスは血液、精液、膣分泌液に多く含まれているため
あらゆるあらゆる性行為から感染する可能性があります。ただ、キスでもうつるか?というと
唾液にもHIVウィルスは含まれていますが
微量なのでほとんど感染する可能性はありません。
むしろ、輸血や注射器の共有などで感染することがあります。

エイズ(HIV)の治療

エイズが発症するまでであれば、
HIV増殖を最低限に抑えるウィルス低減方法があります。
ウィルスの増殖を抑えられるため、発症確率を下げることができます。
ただし、一旦エイズが発症してしまうと
エイズを完全に治す方法はいまだにありません。
「成人」「結婚」などの機会や「心当たりがある場合」には、
自分の中で抱えず、できるだけ早く検査を受けることを強くお勧めします。
エイズは自分だけでなく、パートナー、家族など多くの人にかかわる問題です。
できるだけ早い検査を受けて不安から解放されてください。

 


【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

 

 

 

 

 

 

HIV・エイズの関連記事

性病は早めの検査を!

【PR】自宅で匿名で簡単に出来る検査キットです。
性病は早目に検査することが大切です。
あなたとあなたのパートナーのためにも性病検査をお薦めします。