B型肝炎の症状

B型肝炎という病気

B型肝炎はアジア、アフリカで多くみられる病気ですが、
日本での感染者数は100万人と推定されます。
主に海外で感染して国内に持ち帰るケースが多く、
急性と慢性化する場合があります。
感染しても症状が出ない事も多く感染が確認されたら、安静が一番です。

B型肝炎の恐怖

B型肝炎は半数程度は、感染しても安静にしていれば
症状が出ないまま自然に治ります.
ただ、まれにですが劇症化肝炎を起こすこともあり、
そうなると肝臓移植を行わないと死亡することもあります。

B型肝炎の症状

全身の倦怠感、食欲がない、微熱が続く、関節痛、
赤く濁った尿が出る、黄疸などが主な症状ですが、
症状を起こす人は感染者の3分の1程度で
多くの人は、あまり症状を感じないまま自然に治ります。

 

もし、海外旅行などの後半年くらいの間に
この様な症状が現れた場合にはまず血液検査をします。
GPT、GOTなどの数値を見てこの値が異常に高い場合や、
黄疸の症状がある場合には入院します。

 

 


【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

 

 

B型肝炎の感染経路

セックス(性行為)、オーラルセックス、アナルセックスで感染します。
B型肝炎は性行為意外でも輸血や注射器の使いまわしなどが原因で
発症する場合もあります。

 

それと、もっとも怖い感染ルートとしては、母子感染があげられ、
母子感染をしたお子さんは治療をしないと慢性化し、
キャリアといって持続感染者となることがしばしばあります。症状がないこともありますので心当たりのある方は
母子ともに検査をすることをお薦めします。

B型肝炎の治療

B型肝炎の場合の治療はまず安静です。
あまり激しい運動や精神的ストレスが無ければ2〜3ヶ月で自然に治ります。
もし、倦怠感の続くようであれば血液検査で
肝機能検査を受けてみることをお薦めします。
GPTやGOT値が高い場合には入院して正常値に戻るのを待ちます。

 

 

 

B型肝炎の関連記事

性病は早めの検査を!

【PR】自宅で匿名で簡単に出来る検査キットです。
性病は早目に検査することが大切です。
あなたとあなたのパートナーのためにも性病検査をお薦めします。