C型肝炎の症状

C型肝炎という病気

C型肝炎は、C型肝炎ウィルス(HCV)の感染によっておこる病気です。
慢性化しやすく一度慢性化すると、
慢性肝炎⇒肝硬変⇒肝細胞ガンへ移行していくことが多い怖い病気です。
日本での感染者数は150万人とも言われ、
輸血や麻酔や注射針などからの血液感染がほとんどです。

C型肝炎の恐怖

C型肝炎は一旦感染すると7割程度が慢性化し、
慢性肝炎⇒肝硬変⇒肝細胞ガンへと進む可能性が高い病気です。
肝臓ガンにより死亡者は年間3万人を超え増加傾向ですが、
うち8割程度がC型肝炎に起因すると言われています。

C型肝炎の症状

約2週間から3ヶ月ほどの潜伏期間を経て、
全身の倦怠感、食欲がない、微熱が続く、濃い色の尿が出る、
黄疸などが主な症状ですが、症状を起こす人は感染者の3分の1程度で
B型肝炎に比べると症状は軽く、自覚症状に気づかないケースも多いのが特徴です。

 

 


【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

C型肝炎の感染経路

ほとんどが血液を通しての感染です。
セックス(性行為)でも感染することもありますが少数です。
主に輸血や注射針の使いまわしなどが感染経路になります。

C型肝炎の治療

C型肝炎の治療法は抗ウィルス療法と肝庇護療法の2種類があります
抗ウィルス療法とは原因であるC型肝炎ウィルスを死滅させる治療法で
インターフェロンなどを使います。この治療法は完全治癒をめざします。
肝庇護療法は肝臓の細胞を強くして肝炎ウィルスの活動を抑える治療法です。
肝炎の症状を抑えることはできますが、
C型肝炎ウィルス自体を死滅させることはできません。

 

 

C型肝炎の関連記事

性病は早めの検査を!

【PR】自宅で匿名で簡単に出来る検査キットです。
性病は早目に検査することが大切です。
あなたとあなたのパートナーのためにも性病検査をお薦めします。