クラミジア|性病の種類と症状

クラミジアという病気

クラミジアは、日本の性感染症の中でもっとも多い性病です。
患者数は約100万人に達するとも言われています。
特に女性の感染率が高い病気です。年齢的には10代の女性の罹患率も高く、
比較的症状が出にくい病気のため今後、より感染が広まる可能性もあります。

 

原因としては、非常に感染力の高い病気であることが挙げられます。
1回のセックスでの感染率が約50%と大変高い性病です。
さらにもう一つの特長は症状が現れない、あるいは分からないという事も
クラミジアが蔓延している原因だと思われます。
女性では8割、男性でも5割は感染症状がでないか
ごく軽く放置されている可能性が高いため、
知らないうちにパートナーへ感染させている可能性があります。

 

 

クラミジアの恐怖

クラミジアに感染して治療せず放置した場合には、
女性では不妊症、子宮外妊娠という深刻な状況を引き起こすことがあります。
また、クラミジア感染患者は、エイズウィルスの感染率が通常より3〜5倍強まる
という恐ろしい報告もでています。

 

 

クラミジアの症状

【男性の症状】

  • 尿道から膿(分泌物)がでてくる
  • 排尿痛
  • 尿道の痒み
  • 精巣上体の腫れ
  • 軽い発熱や痛み

などが挙げられますが、主に男性の場合には排尿痛、
尿道の痒みなどの尿道炎がほとんどです。
治療せずに放っておくと「前立腺炎」「血精液症」といった
病気を引き起こすことがあります。
ただし、男性のクラミジア感染者の約半数は無症状なので
気づかずに感染している場合も多いので要注意です。

 

【女性の症状】

  • おりものの増加
  • 性交痛
  • 不正出血
  • 下腹部の痛み

などがありますが、女性の感染者の8割は無症状のため
放置してしまう場合が多いようです。
感染したまま放置すると「子宮頚管炎」を起こしたり
もっとも怖いのが、「卵管炎」です。
これは、将来、子宮外妊娠や不妊症の原因ともなります。
早目の検査、治療をお勧めします。

 


【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

クラミジアの感染経路

クラミジアは主にセックスで感染しますが、
オーラルセックス(フェラチオ)でも感染します。
風俗産業でのオーラルセックスなどで
女性の咽喉を感染源とする男性感染者が増加しています。
心当たりがある場合は早目に検査を受けておいた方がいいでしょう。

 

 

クラミジアの治療

クラミジアは症状に合った投薬治療で2〜4週間ほど内服すると100%完治する病気です。もし、パートナーがいる場合には感染している確率がきわめて高いのでまずは検査を受けるよう勧めてください。

 

 

クラミジア関連記事

性病は早めの検査を!

【PR】自宅で匿名で簡単に出来る検査キットです。
性病は早目に検査することが大切です。
あなたとあなたのパートナーのためにも性病検査をお薦めします。