外陰炎の症状

外陰炎という病気

外陰炎は、その名の通り外陰部に痒み、腫れ、痛み
などの症状があらわれる病気です。
膣炎と合併しておこりやすい病気です。
膣炎とは、カンジダ、大腸菌、ブドウ球菌、淋菌、トリコモナスなどの感染や、
タンポンなど生理用品や避妊具の出し忘れが原因で起こる病気です。
性器の痒み、おりもの、性交痛などの症状がでます。

 

 

外陰炎の恐怖

外陰炎が慢性化してくると、外陰部の皮膚が分厚くなってしまったり、
常に湿った状態になり痒みがおさまらなくなるということもあります。
なるべく初期のうちに治療し、性器を不衛生にしないことも大切です。

外陰炎の症状

【外陰炎の症状】

  • 外陰部や膣の痒み
  • 外陰部の腫れ
  • 外陰部の痛み

 

 

【膣炎の症状】

  • 性器の痒み
  • おりものの増加
  • 性交痛
  • 出血
  • 性器の腫れ

 

外陰炎や膣炎は性器を不衛生な状態になっているとかかりやすくなります。
通気性の悪い下着や、タンポンや避妊具を使用する場合にはその使用法を守り、
できるだけ性器を清潔に保つように心がけましょう。

 


【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

 

外陰炎の感染経路

セックス(性行為)からカンジダ、トリコモナス、淋菌などを介して
うつることもありますが、性器を不衛生な状態にしておくことで、
大腸菌、ぶどう球菌などが繁殖してひきおこすこともあります。

外陰炎の治療

抗生物質の内服と同時に患部への塗布を行います。
炎症の度合いによっては、患部を切開して膿を出すこともあります。
慢性化しやすいので一度かかった方はできるだけ性器を清潔に保ちましょう。

外陰炎の関連記事

性病は早めの検査を!

【PR】自宅で匿名で簡単に出来る検査キットです。
性病は早目に検査することが大切です。
あなたとあなたのパートナーのためにも性病検査をお薦めします。