性器カンジタ症の症状

性器カンジダ症という病気

特に女性に多くみられる病気です。
カンジダ菌自体は、カビの一種でもともと人が体内に保有している菌です。
セックスによって感染する場合もありますが、
体内(膣内、腸管など)にある菌が、
体調を崩したりした場合に症状を引き起こすことがあります。

 

 

 

性器カンジダ症の恐怖

特に大きなリスクはありません。
疲労やストレスなどで免疫力が低下しないような生活を心がけましょう。

 

 

 

性器カンジダ症の症状

【男性の症状】

  • 亀頭の痒み、ただれ
  • 亀頭に小さな水泡ができる

男性の場合には、カンジダ菌を保有しても症状がでることは稀です。
抗生物質やステロイドの過剰投与や糖尿病が原因で症状がでることがあります。

 

 

 

【女性の症状】

  • 外陰部や膣の痒み
  • 性交痛
  • ヨーグルト状(酒かす状)のおりもの
  • 性器の灼熱感、痛み

 

カンジダ菌はもともと人が保有しているため、
症状をださないようにするためには、できるだけ体調の管理をしてください。
風邪、疲労、ストレス、糖尿病などで免疫力が低下したり、
抗生物質やステロイドの過剰投与などでも症状が出ることがあります

 

" target="_blank">
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

性病検査キット

性器カンジダ症の感染経路

性器カンジダ症はセックスでも感染します。潜伏期間は約3日ほどです。
ただ多くの場合はもともと女性が膣内や腸管などに保有している菌なので
体調によって発症する場合も少なくありません。

 

 

 

性器カンジダ症の治療

女性の場合、抗カンジダ剤を直接膣内に挿入します。
治癒は早く約1週間ほどです
男性の場合には患部に軟膏を塗布します。

 

 

 

性器カンジタ症の関連記事

性病は早めの検査を!

【PR】自宅で匿名で簡単に出来る検査キットです。
性病は早目に検査することが大切です。
あなたとあなたのパートナーのためにも性病検査をお薦めします。