尖圭(せんけい)コンジローマの症状

尖圭コンジローマという病気

ヒトパピローマウイルスによって引き起こされる
「ニワトリのとさか」や「カリフラワー」のように尖ったイボができます。
その形から、尖圭コンジローマといいます。
セックス(性交渉)の後、1〜2ヵ月の潜伏期間があります。

 

 

尖圭コンジローマの恐怖

非常に高い再発率で3ヵ月以内の再発率は25%もあります。
最近では、悪性ヒトパピローマウイルスと子宮頸がんの関係も報告されています。

 

 

尖圭コンジローマの症状

男女共に、性器や肛門にニワトリのとさか状の先の尖ったイボができます。
軽い痛みがある場合もありますがほとんどは痛みや痒みはありません。
最初イボができてから、次々と新しいイボが増殖していくのが特長です。

 

よく、男性の場合フォアダイスと尖圭コンジローマを間違う方がいますが、
フォアダイスは脂線の独立したものでまったく心配はありません。
見分け方としては、
フォアダイスは約1o以下で比較的一定のイボが
竿から亀頭のくびれまで発生するもの。
これに対し、尖圭コンジローマは先の尖ったイボで大きさは
フォアダイスよりも大きく、放っておくと増殖してきます。

 

 


【好評です!】 自宅でカンタン、匿名検査!◆性病検査 STDチェッカー◆

性病検査キット

尖圭コンジローマの感染経路

一般的には、セックス(性交渉)、オーラルセックス(フェラチオ)、
アナルセックスなどで感染します。また母子感染もあります。

 

 

尖圭コンジローマの治療

軟膏や外科的治療があります。
またこれを同時に行うことが多いようです。
外科的治療は液体窒素で患部を凍結したり、電気メスで切除、焼灼したり、
レーザー光線で蒸散したりします。

 

 

尖圭コンジローマの関連記事

性病は早めの検査を!

【PR】自宅で匿名で簡単に出来る検査キットです。
性病は早目に検査することが大切です。
あなたとあなたのパートナーのためにも性病検査をお薦めします。