淋病・淋菌感染症|性病の種類と症状

淋病という病気

淋病・淋菌症は男性に多い性感染症です。
クラミジア同様、感染力が30%と高い性病で、
クラミジアとの同時感染するケースが20〜30%と高い病気です。

 

 

淋病の恐怖

淋病・淋菌症は、治療せずに放置すると
男性は無精子症、女性は不妊、子宮外妊娠の原因になります。

 

 

淋病・淋菌感染症の症状

【男性の症状】

  • 尿道から膿(分泌物)がでてくる
  • かなり激しい排尿痛
  • 尿道の痒み
  • 精巣上体の腫れ
  • 発熱や激しい痛み

尿道炎が主な症状になります。
クラミジアに比べて排尿痛などの症状は激しく、
尿道からでる膿の量も多いです。
黄緑色やクリーム色のどろっとした膿が排尿時に出るようでしたら
淋病を疑った方がいいと思います。
放置すると、前立腺炎や血精液症になる可能性があります。
精巣上体炎になると、精巣上体炎の治療後に無精子症になる場合もあります。

 

 

【女性の症状】

  • おりものの増加
  • 発熱
  • 下腹部の痛み

女性の場合は感染者の多くは無症状です。
無症状のまま子宮頚管炎を起こしやすく、
感染したまま放置すると最も怖い「卵管炎」や「骨盤腹膜炎」を
引き起こし、子宮外妊娠や不妊症の原因になることもあります。
少しでも心当たりのある場合はすぐ検査、診察を受けましょう。

 


【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

淋病の感染経路

クラミジアと同様にセックスで感染しますが、
オーラルセックス(フェラチオ)でも感染します。
最近では、風俗産業でのオーラルセックス(フェラチオ)で
女性の咽喉を感染源とする男性感染者が増加しています。
心当たりがある場合は早目に検査を受けておいた方がいいでしょう。
咽頭に感染した場合には、症状も分かりにくく性器感染に比べ治療に時間がかかります。また、アナルセックスでも感染します。
アナルセックスによる感染では、直腸炎を引き起こす可能性があります。

 

 

淋病の治療

淋病の治療ではペニシリン系の抗生物質が使われます。
きちんと治療すればそれほど怖い病気ではありません。
男性の場合は女性よりも治癒しやすいのですが、
パートナーも同じ淋病にかかってしまった場合には
女性の方が完治するまで時間がかかるので、
その間はコンドームなどで予防をしないと、再発してしまう恐れがあります。

 

 

 

淋病の関連記事

性病は早めの検査を!

【PR】自宅で匿名で簡単に出来る検査キットです。
性病は早目に検査することが大切です。
あなたとあなたのパートナーのためにも性病検査をお薦めします。