子宮頸がん|性病の種類と症状

子宮頸がんとは

子宮頸がんは、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスが原因のがんで、
性交渉によって感染します。発がん性HPVの保有率はすべての女性の約80%
性交渉を経験した女性のほとんどが子宮頸がんになるリスクを持っています。

子宮頸がんになるやすい人とは

子宮頸がんはHPVウイルスが原因のがんなので、他のがんと違い、
遺伝や生活習慣などに関係なく、性交渉をした経験のある女性であれば
誰でもなる可能性がある病気です。

 

年齢的には20代後半から30代に急増しており、若い女性に多い病気です。
子宮頸がんは死亡率も高く、20代から30代の女性においては発症する
すべてのがんの中で第1位の死亡原因となっている怖い病気です。
子宮頸がんによって亡くなる方は日本では1日に約10人と言われています。

子宮頸がんの症状

子宮頸がんは初期にはこれといった症状がありません。
多少、性交渉の後に出血をするという場合もありますがこれも少量で、
気付かずに過ごしてしまうことも多いようです。

 

子宮頸がんは進行すると

 

  • 性交渉時に出血
  • おりものの異常(茶褐色、黒っぽいおりものが増える)
  • 不正出血(月経時以外の出血)
  • 下腹部や腰の痛み

 

という症状を引き起こします。
ただ、このような症状に気付く段階はがんが進行していることも多く
がんが進行した場合には子宮をすべて摘出する手術が必要になることもあります。
また、それ以上放置しておくととりかえしがつかない状態になりますので、
早めの検査が必要です。

 


【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

子宮頸がんの治療法

子宮頸がんは「手術療法」「放射線療法」「抗ガン剤治療」があり、
がんの進行度合い、年齢、部位、合併症のあるなしによって決定されます。

 

子宮頸がんの進行がまだ初期の場合、がん細胞が粘膜上皮にとどまっている状態であれば子宮頸部の一部を切り取る手術だけですみ、妊娠も出産も可能です。子宮頸がんの場合はなるべく早期に発見治療することが重要になりますので、
できるだけ、性病検査を受けておくことをおすすめします。

 

病院へいく時間が取れない場合や、婦人科の門を叩くのにためらいがある場合には
自宅で子宮頸がんの検査できるキットも販売されています。

 


【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

 

 

 

 

子宮頸がんの関連記事

性病は早めの検査を!

【PR】自宅で匿名で簡単に出来る検査キットです。
性病は早目に検査することが大切です。
あなたとあなたのパートナーのためにも性病検査をお薦めします。