膣トリコモナスの症状

膣トリコモナスという病気

膣トリコモナスは、寄生虫の一種のトリコモナス原虫が
膣内に寄生するこ とで起こる病気です。
圧倒的に女性に起こり易い病気ですが、ごく稀に男性にも感染します。
セックス(性行為)以外でも感染します。

膣トリコモナスの恐怖

膣トリコモナスは、主に女性に感染しますが男性に感染してしまった場合 、
男性にはあまり症状が出ないのが特長です。
ですので、女性が治療を受 け完治しても、男性も一緒に治療を受けないと、また女性も感染してしま う「ピンポン感染」が多くみられます。

女性が膣トリコモナスで治療を受 けたら、かならずパートナーも必ず検査しておいた方がよいでしょう。

膣トリコモナスの症状

悪臭のある黄色いおりものや泡立ったおりものが増えてきます。
また、外陰部に痒みを伴うことも多く、外陰部のただれ、膣壁の出血、
性交痛などが主な症状です。ひどい時は膣の粘膜が赤く腫れてきます。

 

 


【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

性病検査キット

膣トリコモナスの感染経路

セックス(性行為)がほとんどですが、タオル、トイレの便器等からも感染します。
感染するとほとんどが3日以内に発病すると言われています。

膣トリコモナスの治療

基本的には膣洗浄です。その後、内服薬を服用します。
およそ2〜3週間 で完治する病気です。
男性の場合は内服薬のみの治療となります。
早期に 治療を受ければ決して怖い病気ではありません。

 

 

膣トリコモナスの関連記事

性病は早めの検査を!

【PR】自宅で匿名で簡単に出来る検査キットです。
性病は早目に検査することが大切です。
あなたとあなたのパートナーのためにも性病検査をお薦めします。